台云山景区の日本语を访问
宿城の景観生態

コーナー:ローミング宿城      期の日:2013-09-30      クリック:2112

雲台山国立公園は、「春賞花、夏の観海、秋の葉、冬の雪」の四季を持つ雲台の海、雲台の霧、雲台の日の出、山寺の朝鐘などの景観がよく知られており、「山水画、田園詩、夢のようなもの」という意味のため、現実の外縁と人間の境になっている」と話したわが市の海、古代、神、幽、奇、泉の6大の景観の「幽」は、台云山のことであり、今日の海雲台山の観光地でもある華東最大の生态系は、秋の森の花海「万寿谷」東方鳥には「雲雲の神の鷹」がある「山、海、港、島、城」の五景の一覧、「第2のバージ」江苏省ならではだ広云区は2009年、台云山国家森林公园を保护性开発し、4年ぶりの开発を経て、観光地は万寿谷、悟り道庵、法起寺、云云茶荘、奇石林、そして第二の山の高さの6大祝いをしている」としている