台云山景区の日本语を访问
海雲台山景勝地に仙泉

コーナー:文化財      期の日:2013-08-21      クリック:1725

宿城留古道ばたに、云のグリーン子午亭を人々に火弁の方向を通行人摭风に雨宿りして、山腹道路も一口(きざし进了留仙の泉、泉水が甘く、受け入れる。
この口は仙泉の歴史を長いこと,極めて深い文化の内包を有している伝说は后から明・清時代に、宿城は東部の沿岸地域の仏教聖地、古代康居国(今のカザフスタンの内)有名な高僧康僧会ここに来て、こりゃ法問法流行嶺の嶺頭岩に刻み、隷書「留仙の泉」の三字を横には「漢僧が尊者留仙饮み泉処」は、旧字题额、数千年大韓民国が曖昧で、13年に甲子に寺の住持振亜再ソン・ミンスン刻まれた。

「留仙の泉」と法司の石刻から鹫峰石塔は、相互証印宿城现存最古の対外文化交流のドキュメンタリーでも、西域の仏教は、研究のために"地域の流布、新しい根拠を提供したため、歴史文化価値の高い。