台云山景区の日本语を访问
宿城貯水池と天慶亭

コーナー:歴史文化      期の日:2017-07-05      クリック:3248

宿城の貯水池は、隣接する山並みの花とぴったり合うようにして、一つの湖と山との間に、さわやかな山风が水面にかすかに流れて、淡い漣を突き上げて、暖かな郷土の味をもたらしたそんな美しい山の光が、古い神秘の時代を覆い隠していた法法寺が一绪に埋もれていた「天庚亭」には、このような伝说がある清康煕四十九年(1710)年、ある隠山和尚はものさえ岛结一茅庵修行、それから法から寺の和尚が小普て弟子が、このみすぼらしい小和尚は、募金の状況では、乾隆三十七年(1726年)は、岛にしっかと规模の「鎮海(チンヘ)寺」、志书で「再建築殿宇、廊庑百余の間、甚だ徒众日遂野史をジャングル初」。普が鎮海寺を建てた金の出所は神秘的で、民間の伝説によると、先明の明の義士が蘇馬湾の一筆の宝を持っていたことが知られていた。海の堤防をごまかして、海賊の迎撃をした後、江南に行って大量の楠木などの建築資材を購入し、壮観な鎮海禅寺を建てたということだその后、建寺の功労があって法起寺の住职を作って、仏学の研究に深く进められ、法起寺奉行の「曹洞正统」が光大と伝统を得た!

清乾隆四十七年(1782)、80歳の普受僧が法体の寺では、最期を前に弟子に取って、三年後に塔を出て、身の中にしっかりと保存していたが、「金刚不悪」の身になった!三年后、弟子たちが言叶を使って见ると、その时には、普の僧侣がかめの中に入っていて、両手は十に手を合わせて、顔は真っ赤になって、威厳の端正な姿が生前のままだったそこで众僧はフランスから寺と南山を条石造りの一亭の塔を建てた普て和尚さんの字で「日庚」は「天庚亭」と命名したと、普人気の肉身に安置を含めて周囲をちりばめ、条石条石間が微細な非常に、人々が透非常に、観覧おろし、石亭の奥の普和尚が受け、200年経っても、人々の「日庚亭」の時を経てもよく透见澄ましてこちらの伝説に満ちている色の老和尚、普人気を発見した肉身の左耳のひかりを除いて行く以外に、殆ど他のすべては良好です。雲台の山にある郷老の言葉によると、山の中には三人の和尚の不悪の身が発見されていたのだが、その中の一つだと思う」と話したこのような伝说が本物であっても、普は僧侣の肉を「天庚亭」に乗って、この澄んで穏やかな水面に沈んでいって、この世界の外にある宿の城には、神秘的な味わいのベールを被せていたのである

資料:

『連雲の淵』——張樹荘

『宿城』——張樹荘

一部の連雲港の文史資料