台云山景区の日本语を访问
宿城「上へ」の谜

コーナー:歴史文化      期の日:2017-07-05      クリック:3126

法からは依然として仏法の起源を、后期の法と今から寺近くが2000年の歴史、河南省洛阳の白馬寺より百年と晩、コン望山の仏教摩崖はどうも同じ時代の産物、現もすでに沈没、ダムの水底の下、遺跡考証できない。ダムの水が枯れた時に壁の壁を折った形跡が感じられ、記載が多くて全面的だった私たちもよく理解してみたくありません

この寺の遺跡は、法に基づいた寺では、上法に基づいて地理的な位置が高く、他の記載は少ないものと見られる」と述べた記録中は唐宋の跡と言っており,また明代のものがあるその周りには、仏教の建物があるが、その前には小庵があり、東には蓮の庵があり、南西には庵があって、東北にはまた、お花の庵がある私たちは、考古学研究者ではありませんが、いくつかの好奇心を持って、山民のガイドに従って、地元の人々の心の中にある上でどのような状态にあるのかを知ることができます

で法から麓堂花溝の西側にその前に山門高さ6メートル、幅6メートル、長さは12メートル、うろこ三元とは宫の、山門のような規格も望海階で、言葉に、われわれが目の前の海の階で見ることができる罗臼涛の黄海になった。前の山门と第二道の山门との間には、広々とした土地があって、今も、完全な石が残っていて、このような规格の石が台云山の旅の中にあるのだが、もう一つは南云云东磊延福観の前で、その规格を见ると、その年には寺院の人が多く、火も旺盛になりました。本堂と物の配殿はすでに崩れており,その輪郭は明らかで,基礎が雄大であるこれらの残存遺跡から,この昔の古い寺の雄大な勢いと雄大な光景を味わうことができる

寺院の西は,園場で,ここは古木が天に参り,雑木が生えている僧侶の墓は、建国後に発掘されており、このうち2つの仏塔があり、墓石からの石や、その横や錐上の柱、石の蓋のようなものを捨てたもので、造工はかなり凝っている。緻密で、草花の模様は正確で美しい。乾隆年の曹洞宗三十三世の西北の密福と親方の心慧の墓葬である

西が座に老和尚洞というか、どの位習慣の老和尚はこの修行を忘れて、そこに「来年飞渡、深遂軽油。これを残念に我々の識見を逃した。しかし、竹林のそばにある白い井戸でも、私たちに视野を开いてもらいました。岩の下の井戸は、その泉は白く、甘くて澄んで、水が流れて、四季が尽きません!ただまわり雑草を包み、ベスも见ない人はいないし、これは同年寺院僧に飲む水の源。

西南の岩のように女人像が幾重にも重ね、テピョンロ)をほどこし、阶下にある洞、できる攀缘で、上の女人像に乗って十人収容できるが、伝说は同年禅念仏僧たちの地方。まるでにほどこしては卷一音。座って顔を天上のひとが見える慌ただしくグレードをし、耳が山の中に松风の音を聞く。远い峰が见てさえ嶺、青山は黛。実にいい一ヵ所で人間のワンダーランド!

ふりかえって、悠々和式头、同年これの旺盛な人间が天国を、どう記憶が突然消えたちは?どうして心慧の弟子密福、曹洞宗として三十三世、埋葬は一园より师回?まさか1668年の地震のすべてを灭した。どこか破壊の障害にもまた壁が埋葬の亡霊?難壁からは発掘という人が来なかった残廃墟の下の宝物?

和尚は高僧かも心慧はノンプロ、眠るなかったため、愛の波紋を曹洞宗師は、三十三世北西密福はこれまでに変事がある、埋葬の曹洞宗、徐本部で法から興亡まさか他の知らない物语を残し、いろいろ迷団。

今、その上法からの迷いは依然として心!しかし最近はまた行きたいと思っていたのですが、本当のことを本当に解くために私に残しておいたファンのためには、その国の一般的な自然の中でリラックスしたいと思っています」と話した