台云山景区の日本语を访问
同前

コーナー:歴史文化      期の日:2017-07-05      クリック:2180

雲台は海、古、神、幽、奇、泉の6字を精髄にした」と述べた宿には「外外のようなもの」と呼ばれ、「幽」の字を独占しているが、宿城の大竹園村の黄茅頂の悟り道庵は「幽绝」と言えるだろう」と述べた

ここは赤松、马尾松、黒松、秋の松、秋の木、花の木、樫の木、松の木、黄檀、藤のような雑所があり、林の林の毛石の上にある古い山道に登ることができ、风が袭って、体の中の非常に汗をかくことができなくなり、とても爽やかな感じがしました。

さらに前に進むと、4メートルほどの高さの大きな岩が、山道の両側に立つと、二つの石の間にはきちんとした隙間が残っていて、まるで門道のように、一人だけが通っているように見える天然の岩石の門の内側(西侧)には摩崖の石がある門の南面刻ま巨石の西側の壁に「念仏」を起こす北面巨石の西側の壁は単一「仏」の字を刻んだ、両側の合「念仏見性成仏」のため、均を楷書、字径均50センチ、印章を「三振亜」の二字、字の大斗、正楷、大韓民国に山下法から寺の僧振亜が問題。南側巨石の北面の壁に「徳云常在」、「别有洞天隷書题刻」、字は、ハン盈尺名義大韓民国八年(1919年)振亜の亲友灌云县富绅许鸿宾が問題だ。岩の扉に入ると、茂林修竹の間には一石の建物が埋められ、それが悟りの庵の山門だ」と話した山の前に山があり、プラットフォームと台のようなものが作られていて、自然に勝手に、一つの斧の痕がない。台級の両側には、天にある大きな銀杏の木があり、西側の樹は4.5メートル、東の木々は5.3メートルになっているさらに奇妙なのは、二本の大きな銀杏の根の周りに、多くの鶏の太さの小さな銀杏の木が生えていて、「小子の母」のようなものである理解していた庵山門南路には、石門、ドアの幅1.3、高さ2メートル、山の高さは三間12 m、奥行きが4メートル、高さは4メートルだった」と話した门楣上山門の看板が、汉白玉宛「コメント寺」、楷書、字の径を「20センチ、において,前清の光、十二年吉旦」は「下款修法僧师、幾重にも再建」の字の径4センチ。山门の上はすでに壊れていますが、山门の道の両脇にある窓洞には、この山のドアのものが二阶建てで、このような构造の山门は连云港では初めてです。壁には东厢山門内に嵌め込ま⑴辺の薫る石灰岩の石碑审读つまぐっ、才知は清朝顺治十二年(1655年)知州任三奇再刊刻の明万里40十二年(1614)海州(ヘジュ)知州杨凤など立、黄宣泰东门の『東海悟道庵风俗』、碑高1.51、幅0.83、厚い0.19メートル、字径2.5 cm、碑文叙述漣水杨スーすなわちた空の巨匠の出家とその死后40年知州杨凤などを人為的にその悟道庵の始末だ。山门を通って、悟り道庵院に入ると、庵のレイアウトが见えない、典型的な中国の四合院式の建筑にある山门と本堂は南北の轴の上に建设されており、両侧に東西の配殿があり、敷地面积は约400平方メートル、本堂、东西には、すべてのものが倒壊しており、壁とがれきが残っています。現在の状況から見れば、悟り道庵の本堂は、長さ3間の12メートル、奥行き10 mの硬い山の建築で、東西には3間10メートル、奥行き5メートルの硬い山型の建築物であることが確認された」と話した

明代杨凤所立の『東海悟道庵风俗』で「彻」、「あこがれ场时趣旨猛反省し、食成慧然業」や、「た万历空碑』で「絶えず衆生」、「た」などの文句悟空は大乗仏教用語は、道家の言にして、「空」の二字が、典型的なミントンソン法号ため、悟道庵を不当明代から。しかし、光年間僧師幾重にも再建の「コメントできない」と、寺は简単には仏の道がある、「コメント寺」が明らかにした一人は仏、道、儒合同の宗教行事場所にコメントした。

理解しているのが、庵を理解しているということだ悟正さとること庵後の山の庵にこそ「庵」で、「後庵」は、清の乾隆の時から崔なら一阶記には『海雲台山志』で、「そうして庵、〔顾志〕沃壤頂上、竹の木の弥、山でごく幽丽……悟正庵、〔赵续志〕宿城頂上、庵の茶の木が多い。東海と茶を一番、风味减武彝小品もない」はすでにさとること庵、悟庵となってあらわれた。清「嘉靖州海州(ヘジュ)直隷派志」と「海雲台新志』でも得点がわかる。なら2基を混同しているのに対し、『连云面影』の著者は広まって许绍誤りだった。