台云山景区の日本语を访问
宿城雲霧茶

コーナー:雲台の特産物      期の日:2017-07-06      クリック:3520

雲霧、雨花、碧のねじ春、江蘇省三名茶、宿城の雲霧茶は、千年の歴史を継承しているが、その名はどこにも知られていて、「龍団のボンボン」と「宿城山雲霧茶天書」の御筆を残したものだ。枝は丸く、眉の形に似ていて、峰の苗は上に立つ、つやつやしている。香りは长く、味が长くて、味はとても浓く、スープの色は明るく、叶の底はそろっている1921年の「木芸社」の雲霧茶は、その品质で南洋勧业会赏を受赏します1980年、宿の雲霧茶は南京の雨花茶、蘇州の青いねじ春、無錫の二泉銀の手で、江蘇省の4大名茶となった

雲台山の雲霧茶は、その色、香り、味、形の優れた味で、太湖の碧いねじ春、南京雨花などの名茶の列に入っている昔の悟正庵の僧侶は毎年入念に採掘をしており,2,3斤の上に,秘密に人を隠してはならない,このようなことをして,客のために客を接待するために使用された雲霧茶は、「味アルコール、色秀、香馨、液清」の特性を持って有名になった「台云新志」は、「茶、宿の山を出て、形の味が武夷のコント、性克削、悟正庵の方が一番だ」と语ったまた、「山海の利は、塩茶を大端にして、『李心伝』を試験して、炎を受けた後、与野党の雑記を受けて、天下茶は6つのことを考えて、海と海の中の一つ。海と海の茶の山は、雲台がなかった。今のように、この国の悟りの中では、茶の葉が1キロ、2キロ、山僧は龍団の鳳凰のようなものを持っているのではないだろうか」と話した「深さは田山多旅谷、寒云養洞にはお茶がある」清海海の知州の唐仲コロナは、それを茶王の「龍団の鳳」にしている。「雲台の諸山の間の旅」で、「雲雲の僧が、雲霧のお茶を使って、泉の香りがして、天白岳の中にあるのだから、海辺のような味がするのではないか」とたたえている宋の時、雲霧茶は、「細下の雲のように、その時には、唯上の帝王の家を経営している」と、お供物に分類された