台云山景区の日本语を访问
山海の味

コーナー:山は海を食べ      期の日:2013-08-15      クリック:3617

雲台山(雲台)の地域では暖かい温帯南縁の湿った季節風気候地帯、四季がはっきりしていて、気候がさわやかで、光がよく、雨がよく、生物資源が豊富で、史籍には大きな吹雪の被害が記載されていませんでした本の中では、雲台山の「幽深秀特、常冠雲気」、「茂林修竹、青々とした花が咲いている」、「四季の花がよく咲いて、八節仙果が続いている」、「中华天然の薬園」、「外外の桃源」で、大江南北に名をたたえている」と述べた

漢前に海の雲台山は、都洲、郁洲、唐は蒼い、明万暦24年(1596)は雲台になったとしていた雲台山の周囲三百里は、歴史の長さ、山環水、景清物富、民風の素朴さで有名だ」と述べた「桃花源記」はここを「世外語」と描写しており、古書の中でここを「蓬壺の国の国」と説明している。古跡が散在している、神幽泉奇、人文の一度に集まる風土である2番目のバヤの上には高くそそり立った,海抜605.4メートルで,江蘇省の沿岸を見た明に分類する際、海雲台山「世界の四大霊山」の一環として、清代の「世界の四大名山」の一つに分類されると、1988年に国務省発表された「全国重点あり」、江蘇の重点は自然生態保護区域は、1993年の国家に分類される森公園。

雲台地区では暖かい温帯南縁の湿った気候地帯を、四季がはっきりしており、気候がさわやかで、光がよく、雨がよく、生物資源が豊富で、史籍には大きな吹雪の被害が記載されていない」と話した古書海雲台で描く山「向け秀特、よく云冠かかっ」、「茂林修竹が茂り、」、「四季のいい花がよくて、かきめぐ仙果绝」、「中華の天然の大药园」は、「アルカディア」が鳴っ誉河川南北。

また、雲台地区の生物は、2千八百種余りにのぼるが、中には薬草の一部が含まれていることが確認された麦、稲、豆、芋……杏、桃、梨、ナツメ……などの農林作物は100種以上もあるれは自然の化石のイチョウの木は連雲港市の木、染め抜い山上山下は、このうち29本のイチョウの木、2本、800年玉蘭、1本800年フリンジもち米过日、1本300年桂花树均た江蘇「省に名木保護」を登載;海水と淡水魚、エビ、カサ、カニがある漢、晋の『华阳国志』は記載海雲台山白虎;「南斉本・州郡志」は雲台の山に白鹿があることを記録した山で四、五十年代、海雲台の狼、長、狐、アナグマ、フクロウ、ニシキヘビなど野生動物は頻繁に出没した。専門家たちは、「雲台山には「動植物の王国」、『生態大観園』がある」と指摘した

数十年前に「雲台の五宝」を書き、「雲台は山だけではなく、雲台の地域を含むべきだ」としていたが、「山には山が出ており、畑の中に入っていて、水の中で泳いでいるのは、個人の趣味で一人で好きだ」と話した」と話した中華第一大彭祖老後生活规则、海雲台(ヘウンデ)山のふもとに、彼の「朝冲葛粉、夜煨ゆり、山イモを煮水桂、八百八まで生きる」の長寿の秘訣に挙げた「海雲台砚」は葛の粉、百合、山の芋の、水桂鱼。多部『海州(ヘジュ)志』で描いた古海州(ヘジュ)お土が非常に豊富で、そのうち製海雲台地域の穂先稲、葛の粉、薄茶、鹿皮、水桂鱼干などは古海州(ヘジュ)を献上して朝廷の20項目の「進上品」の主要品目。「合併同类项」となつ基準、選別作業を経て、みんなが一致する観点から、「海雲台三宝」は考えを、薄茶、葛の粉、水桂鱼3种。