台云山景区の日本语を访问
宿城留古道ばたに、云のグリーン子午亭を人々に火弁の方向を通行人摭风に雨宿りして、山腹道路も一口(きざし进了留仙の泉、泉水が甘く、受け入れる。この口は仙泉の歴史を長いこと,極めて深い文化の内包を有している伝说は后から明・清時代に、宿城は東部の沿岸地域の仏教聖地、古代康居国...더보기
山は宿城海上海雲台(ヘウンデ)区の榎木湾内が二株、名の金木犀王、溶け合い、双子の兄弟のように、一足とみぞれ、共にちまた経風雪歳月、既に四百年以上の树齢ました。『本草綱目』に、金木犀の「白者は銀桂、黄者は金次官、赤者はモクセイ」、銀桂桂は、四季のいくつかの桂树、宿城景勝地...더보기
宿の悟り道庵を通って東の壁には、清明治12年(1655)の師走の「東海の悟り道庵碑記」がはめ込まれており、明の黄宣泰の文文によって、年中、再刊行が行われている碑面は平らで,はっきりとした,字の力は秀麗であるこの碑の一部は土に埋め、碑文最後の署「明万里40十二年(1614...더보기
現在1ページ/計1ページ   合計:3