台云山景区の日本语を访问
家の西の西侧にある谷の中で、山形の独特な、険しいのは、天のような巨大な盆景に似ている頂上多く天然の岩洞と奇松ナジュ伝说を、李世民唐王藏玉の藏印洞、射忌避追っ手の唐王洞と薛仁贵救驾時の马松などをつなぐ。宿城にはピラミッド型の小山がある。守り山と呼ばれている山には「唐王洞」...더보기
連云港后、台云山悟正庵国の森公园保护区内、三教寺の前、东、西には千年以上の大銀杏樹を见ると、このような古いお寺の衛士が、天のように天に向かって、巨大な大きさです。これらは天を遮り,一人で木の陰になっているこれらの子は孫の子,木の木に木があるそれらはすべて雌で、毎年実のた...더보기
蓬莱戚継光(1528 ~ 1587)、明代山東人、17歳の比喩登州卫佥ことを指揮官の总兵には江、浙江、広範囲に、広东语、ルー、遼、までも、ソ沿海文禄・慶長の役30年余り、率兵連雲港市浜に到着、宿城一帯で倭軍を攻撃、引き離す完勝を収めた。連雲港とは別の山岳街で、倭寇を消滅...더보기
石臼、石臼、石臼は、中国の农民家庭の伝统的な加工食の器具で、1960年代になって初めて歴史の舞台を引退してきた"、"宿城湾のせん年の石の死亡の伝説的なストーリー、幼い私は无数の遍を聞いて、ずっとそれに会いたいのさず、退職こそ八年後の昨年私がかなう。昔の宿城の山湾には大き...더보기
1つは雄鶏のムカデの伝説この庵の中には老僧がいて、一匹の雄鶏を飼っていたが、鶏は太っていて、大きくなって、夜には西の一人の一日の木の木に、一日の宿を行っていた夜の夜に鳴を鳴らすと,毎日の日の朝,庵には欠かせない一つのものになったその後、庵の和尚は、毎日早く夜明けが発見後...더보기
大桅尖、連雲港市海雲台の山間地域北部と二桅尖、三桅尖につながり、近くから、形似海を船に三本のマストにそびえる、北朝鮮を海雲台山の最高峰、海抜605.5メートル、とても壮観だ。昔,宿城の海辺には張家の親子が住んでいて,年月をかけて船で生計を立てている親子二人は波風を吹きつ...더보기
現在1ページ/計1ページ   合計:6